あさい歯科クリニック スタッフブログ

あさい歯科クリニック スタッフブログ

ミラノールについて

みなさんこんにちは。衛生士の杉山です。
身に沁みる寒さが続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

本日は「ミラノール」についてお話いたします。
ミラノールとは当院で取り扱っている「フッ化物洗口剤」です。
フッ化物洗口とはフッ素を含む水溶液を使ってブクブクうがいを行い、歯のエナメル質表面に直接フッ素イオンを作用させる方法です。
専用の容器にミラノールの粉末を溶かし、1日1回歯磨きの後に30秒ブクブクうがいをして頂きます。

そもそも「フッ素」とは何でしょうか?
歯磨き剤などに使われていたりみなさんもお耳にされることも多いと思います。
フッ素は自然界に広く分布している自然元素の1つで、地中はもとより海・山・川・そして全ての動植物などに存在しています。
毎日の食事を通じて私たちのからだに摂取されているものであり、歯質を強化する効力が最も高いことから、世界各国でむし歯予防に利用されています。

フッ素の効能は以下の通りです。
①初期むし歯を修復する(再石灰化の促進)
②歯質を強化する(耐酸性)
③むし歯菌を抑制する(抗菌作用)

今回ご紹介した「ミラノール」だけでなく、歯科医院でのフッ化物塗布やフッ化物入り歯磨き剤などフッ素を効果的に取り込む方法はいろいろあります。
どの方法でも長く続けることが大切です。
ミラノールはお子さんだけでなく、むし歯になりやすい大人の方にもオススメです。

ご興味がありましたらお気軽にスタッフまでお声かけください。


冬ですね。

皆さんこんにちは。

歯科衛生士の長野です。

 

 

冬になるとなぜかチョコレートが食べたくなりませんか?

 

 

しかも冬はクリスマスにお正月、バレンタインと甘いものを摂取するイベントが多く続きますね。

 

 

そもそもなんでそんな冬になると甘いものが食べたくなるのか…

 

 

冬は寒さのため体が体温を維持しようとするためエネルギーを消費します。

 

なので、糖質を無意識に摂ろうと脳が働き、甘いものが食べたくなるようです。

 

 

口も乾きやすくなるので唾液も出にくくなることを考えると、冬は虫歯のリスクも上がってしまいます。

 

 

こまめに水分を補給したり歯磨きすることでリスクを減らしていきましょうね。

 

 

最近だとキシリトールの入ったチョコレートもあるみたいですよ。

是非、探してみてくださいね。


ホワイトニング

こんにちは、受付の横山です。

だんだん寒さが厳しくなってきました、年末も近づき今年ももうすぐ終わりですね!

今月より当院でオパールエッセンスgoという新しいホームホワイトニング剤が導入されました。

・型取りが不要

・使い方捨て

・1日90分、最大10日間使用

このような特徴があります。

 

ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお声掛け下さい。


飲み物と虫歯の関係について

みなさんこんにちは!

今回は「酸性度の強い飲み物と虫歯の関係」についてお話します。

皆さんは普段何の飲み物をよく飲んでいますか⁇

 

虫歯にならない為には食習慣に注意することも大切ですがそれは食べる以外にも「飲む」という事も対象になります!

 

人は口にする食べ物に含まれる酸や、虫歯菌が作り出す酸によってお口の中が酸性に傾きます。

唾液はその酸を洗い流しお口の中を中性にもどして健康な状態を維持してくれる大切な役割があります!

そのため、酸性の強い飲食水をダラダラ飲んでしまうと唾液による洗浄と中和が間に合わず、酸により歯のエナメル質が溶けてしまうため注意が必要です。

 

歯のエナメル質が溶け出す目安は、お口の中の【㏗】が5.5前後です。

【㏗】とは酸性・アルカリ性の程度を示す単位になります。

真ん中の㏗7.0を中性とし、数字が低い方を酸性・それより大きければアルカリ性としています。

因みに胃の中は酸性で【㏗】が2.0になります。

 

そのため、コーラやスポーツドリンクなどの飲み物には酸性度がとても強く虫歯になりやすいため注意しましょう。

酸性度の高い飲み物を飲む際には、

「飲んだ後にうがいをする・飲む回数を減らす・唾液の量が少なくなる就寝前は飲むのを控える」

などの予防をし虫歯にならないように気をつけましょう!!


デントカルト(唾液検査)

こんにちは。衛生士の新井です。

だんだんと寒くなってきましたね。

今年も残すところあと1か月と少し。

1年があっという間です(*_*)

 

さて、みなさんはデントカルト(唾液検査)をご存じですか?

虫歯が全くできない人、歯磨きを一生懸命頑張っても虫歯ができる人

みなさん不思議に思ったことはありませんか?

デントカルトは虫歯の根本的な原因を調べるものです。

この検査でわかるのは

①唾液分泌量

唾液が多く出るほど口の中の食べ物を早く洗い流します。

抗菌作用があり、歯の質をよくします。

②唾液緩衝能(唾液の力)

食後、口の中は胃の中と同じような状態(酸性)になります。

食後の歯が溶けやすい環境からどれぐらい早く通常の状態に

戻るのかがわかります。

③菌の数

ミュータンス菌・・・虫歯のきっかけを作る菌

ラクトバチラス・・・虫歯を進行させる菌

虫歯の菌数を知ると、あなたがどれだけ虫歯になりやすいのかが分かり

どんな細菌がいるのかが分かります。

④食事内容

普段の食習慣でも虫歯のリスクが変わります。

 

原因は主に3つ。

虫歯菌の数、歯を守る力、食事の習慣です。

これらを上手にコントロールできれば、虫歯は確実に予防できます。

虫歯になる人、ならない人がいるのはこの原因の組み合わせが

人それぞれ違うからです。

小さいお子さんからお年寄りの方まで幅広く行っている検査です。

当院では栄養士や管理栄養士が数名在籍しておりますので

食事指導なども積極的に行っております。

ご興味のある方はぜひスタッフまでお声掛け下さいね♩


12345...102030...