口臭について

あさい歯科クリニック スタッフブログ

口臭について

皆さんこんにちは。歯科医師の大西です。本日は口臭についてお伝えさせて頂きます。

口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義されています。では、その口臭の原因は何なのでしょうか?

口臭の原因にどのような種類があるのか、簡単に説明します。

1,生理的口臭

誰にでもある臭いで、特に治療は必要ありません。起床時、空腹時、緊張時、疲労時に唾液が減少して起こる現象です。歯磨きや、水分補給で解消されることがほとんどです。

2,飲食物・嗜好品にる口臭

ニンニク、ネギ、酒、煙草などによる口臭です。時間の経過とともに臭いも少なくなりますので、治療の必要はありません。

3,病的口臭

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝疾患などが口臭の原因となることもありますが、病的口臭の90%以上は口の中に原因があると言われています。歯周病、虫歯、口腔内の清掃不良、舌苔(舌表面の汚れ)、義歯の汚れなどが主な原因とされています。

4,唾液分泌量の減少

加齢、ストレス、薬の副作用、生活習慣などが原因で唾液が減少することにより、口臭が発生します。唾液やの分泌を促進させるために、食事の際によく噛んだり、こまめに水分補給を行うことで改善する場合があります。

5,口臭恐怖症

生理的口臭の範囲であるにも関わらず、自分自身で強い口臭があると思い込んで気にしすぎてしまうケースです。

 

簡単ではありますが、口臭の主な原因をお伝えさせて頂きました。

口臭はさまざまなことが原因になり得ます。改善方法も人により異なりますので、気になるようであれば是非ご相談ください。

関連する記事

  • 研修会2011年4月17日 研修会 今日は大阪で研修会に参加してきました。大阪といえばお好み焼き!さっそく研修会のお昼休みに奥さんお勧めのお店に行きました。味のほう […]
  • ひと足早い夏休み2013年6月17日 ひと足早い夏休み ひと足早く夏休みをとり10年ぶりのハワイに行きました!6月のハワイは観光客が少なく、しかも1年を通じて雨が一番少ない!!毎日いい […]
  • 世界遺産へ2017年1月11日 世界遺産へ こんにちは。受付の植松です。 年末年始のお休みにカンボジア旅行に行ってきました! 以前から見たかったアンコールワットのサ […]