砂糖と虫歯菌の働きについて

あさい歯科クリニック スタッフブログ

砂糖と虫歯菌の働きについて

こんにちは。助手兼栄養士の鈴木です。

今回はお菓子やジュースに多く含まれる砂糖の量と虫歯菌の働きについてお話いたします!

皆さんは一日に取れる砂糖の摂取量をご存じですか?

大人の方だと大体一日の砂糖摂取量の目安は約25グラムになります。
これはスティックシュガーに例えると約8本分です。

ソース画像を表示

上の画像はスティックシュガーで例えたお砂糖の量になります。

お砂糖と言えばお菓子を考えがちですが、このように飲み物にもお砂糖が多く入っています!

ソース画像を表示

砂糖の摂る量が多いと虫歯菌は活性化し、虫歯の原因となる酸を出します。

そのため量を超えると虫歯が発生しやすくなるのでお砂糖の多く入ったお菓子や飲み物は気をつけましょう!!

 

 

 

関連する記事

  • 全身の健康維持の為にも、お口の中のケアが大切です!2020年9月12日 全身の健康維持の為にも、お口の中のケアが大切です! こんにちは。栄養士の布施です。 今週、9月9日は「重陽の節句」でしたね。 5節句のうちの1つで、別名「菊の節句」とも […]
  • カフェめぐり2013年6月4日 カフェめぐり こんにちは、衛生士の山田です☆ 最近、カフェに行くことにはまってます。 お茶をしながら、のんびりした時間を過ごす...癒され […]
  • フッ素について2021年3月11日 フッ素について こんにちは、受付の横山です。 だんだん暖かくなり過ごしやすい季節になりましたね。今日はフッ素についてのお話です。 & […]