あさい歯科クリニック スタッフブログ

あさい歯科クリニック スタッフブログ

院内勉強会を行っています

こんにちは。歯科医師の大西です。

最近、季節の変わり目で雨が続いていますね。体調を崩されないように、気をつけてください。

 

さて、当院では定期的に院内勉強会をしています。

直近の勉強会の内容として、患者さんにお口の中の状態を写真を用いてわかりやすく説明する練習をしています。

実際にお口の中を写真で見て頂きながら、お口の中の虫歯、歯周病、噛み合わせなどの状態を理解して頂き、保険の治療、自費の治療(セラミックの詰め物や被せもの、矯正治療など)をわかりやすく説明していきます。

ぜひ、お口の中で心配事や困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。


新型コロナウイルス対策

こんにちは、衛生士の野秋です。

新型コロナウイルス感染予防のために、皆さん日常生活において様々な対策をされている事と思います。

当医院に来院されている患者さんも手作りマスクや使い捨てマスクなど、様々なマスクを工夫されています。

実は、歯科医院は様々な感染症をお持ちの方に対しての感染予防を日ごろからしっかりとしています。

お口の中が汚れていて歯周病菌などが肺に入り肺炎を引き起こすと、他の感染症にもかかりやすくなることを

ご存じでしょうか?

新型コロナウイルスやインフルエンザのような感染症の予防に有効な事として、手洗い・うがいが有効とされていますが、

プラスして、お口の中の清掃状況もとても重要です。

だんだんと外出できるようになってい来た今、お口の中の状況を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

あさい歯科クリニックでは、患者さんのお口の中のお悩みを解決できるように日々スタッフ全員が勉強し、前向きに取り組んでいます。

 


お口の中の健康も

こんにちは。布施です。

近年、健康ブームで、男女問わず筋トレを行う人や腸活(腸内環境を整える活動)に励む人などが増えていますよね。

外から見える体型のケアと、外からは見えない内側のケアをどちらも行うことで健康的な体へと繋がっていきます。

 

では、内側のケアとして、歯や歯茎の健康を意識した事のある人はどのくらいいるでしょうか?

例えば、正しい噛み合わせが出来ているのか?毎食何回ずつ噛んで食べているか?鼻呼吸をしているか?磨き残しはないか?などなど、、、

 

意外と見落としがちな口腔内を意識してみると、

今まで気づかなかった自分の癖に気づく事が出来、改善する事で、

虫歯を予防する事はもちろん、体のバランスが整い、肩こりや頭痛などの予防や

顔の表情にも変化が見られる事もあります。

 

いつまでも楽しく健康的に生活をする為に、体の外側と内側のケアと共に、口腔内のケアも取り入れていきましょう!

 

当院では、正しい歯の磨き方をお伝えしたり、だ液検査から虫歯の原因がどこにあるのかを調べることも出来ます。

是非お気軽に御来院ください。

 


口呼吸について

こんにちは。
衛生士の杉山です。

皆さん口で呼吸していませんか?
鼻で呼吸できていますか?
実は日本人の半数以上が口呼吸をしているそうなのです。
ですが口呼吸には様々なデメリットがあります。

●口呼吸のデメリット
・口臭の原因になる
口の中が乾燥してしまい、唾液が出にくくなります。
唾液の分泌量が減ると口の中がネバつき、口臭が強くなるだけでなく虫歯や歯周炎にもなりやすいと言われています。
・歯並びや顔の形にも影響する
口が常に開いた状態が続くと前歯が飛び出す形になったり、顎の成長にも支障をきたす為に歯並びが悪くなったりします。
・睡眠を妨げる
口を開けて寝るということは舌が喉に落ちて気道を塞いでしまうので、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因になることがあります。
いびきをかきやすくなったりもします。
睡眠不足は集中力の低下も招きます。
・風邪を引きやすい
病気の原因となるウイルスを多く含んだ外気が喉の粘膜を直接刺激するだけでなく、口からウイルスが体の中に入りやすくなります。
風邪を引きやすくなりますし免疫力も低下します。

口呼吸は百害あって一利なしです。
鼻は空気清浄機的な役割も果たしてくれています。

健康な日常を送る為にも、今日から鼻で呼吸することを意識してみてください。


夏ですね。

みなさんこんにちは。衛生士の長野です

だんだんと暑くなってきて夏がすぐそこまで来ていますね。

 

夏といえば熱中症を気にされてスポーツドリンクを飲んだり、涼をとろうとかき氷やアイスなどを食べることが多くなるかと思います。

 

しかしながらスポーツドリンクやアイスにはたくさんのお砂糖が使われており、虫歯になるリスクも上がってしまいます。

 

飲んだり食べたりしたあとはしっかり歯を磨きましょう。

 

また、夏になると冷たいものがしみるようになってしまったといった相談を頂く事もあります。いわゆる知覚過敏です。

人によってしみる原因は様々になります。ご自身で解決しようとせずに是非、検診と一緒に相談してみてくださいね。

 

 


12345...102030...