だらだら食べに注意しましょう!

沼津、三島、富士、裾野から多数来院されています

あさい歯科クリニック | 沼津市の歯医者 | 日本歯周病学会専門医

【診療時間】月火木金 : 10:00~13:30・15:00~19:00
【診療時間】  水土 : 9:00~12:30・14:00~17:00
【休診日】 日曜日・祝日

あさい歯科クリニック | 沼津市の歯医者 | 日本歯周病学会専門医
あさい歯科クリニック | 沼津市の歯医者 | 日本歯周病学会専門医

【診療時間】月火木金 : 10:00~13:30・15:00~19:00
【診療時間】  水土 : 9:00~12:30・14:00~17:00 【休診日】日曜日・祝日

予約

だらだら食べに注意しましょう!

皆さんこんにちは✨

すっかり気温も涼しくなり、秋らしさが感じられる日々になってきましたね。

 

本日は食欲の秋ということで、だらだら食べが引き起こす身体への影響についてお伝えしたいと思います。

 

食事をすることで食べ物に含まれている糖質により虫歯菌が歯の表面を溶かし始めます。これを脱灰といいます。脱灰したままでは虫歯になってしまいますが、それを防ぐのが唾液の作用です。唾液の作用により溶けた表面を修復していきます。これを再石灰化といいます。

 

このように、お口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されています。

だらだらと長時間食事をしていたり、間食が多かったりすると、再石灰化の作用が追い付かず脱灰ばかり進んでしまいます。つまり、だらだら食べは虫歯になりやすい口腔環境を作り出してしまっているのです。

 

ではいったいどうしたらよいのでしょうか?

 

食事をした後や、間食をした後はできるだけ歯磨きをして、糖質や虫歯菌を口腔内から洗い流しましょう。もしも、歯磨きの時間が取れない場合はうがいだけでも行うとよいでしょう💡

 

間食などをするときは、食べ物の内容をよく考えましょう。

虫歯になりやすいお菓子は、糖分が多くて歯にくっつきやすく、お口の中に残りやすいものです。

あめやチョコレート等が当てはまります。

一方虫歯になりにくいお菓子は自然の甘さがあるフルーツやナッツ類等噛み応えのあるものです。

 

最近では、キシリトール入りのガムなども多く販売されていますので、おやつ代わりにしてみてはいかがでしょうか🔅

 

キシリトールやリカルデントには再石灰化を強化する作用があります。

 

また、ダラダラ飲みにも注意が必要です。ジュースやスポーツドリンクは一口飲むだけでお口の中が酸性に傾き、歯が溶けやすい環境になってしまいます。

そのため、水分補給のための飲み物はお茶やお水を選択するようにしましょう。

 

だらだら食べや間食などの不規則な食生活は虫歯のリスクをあげるだけでなく、ダイエットを行っている人にも大敵です。

生活習慣病を引き起こすリスクにもなり得ます。

 

自分の食生活を振り返ってみて不規則だなと感じた方は是非改善するように心がけましょう。