妊娠中の歯周病に注意!

あさい歯科クリニック スタッフブログ

妊娠中の歯周病に注意!

こんにちは、衛生士の山田です。
妊娠7ヶ月になりだいぶお腹も大きくなってきました。
妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりも虫歯や歯周病になりやすいと言われています。
歯周病の妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などのリスクが高くなります。
また、母子感染により乳幼児に虫歯菌が移ってしまうことがあります。虫歯が多いお母さんの子供は早くから虫歯になる危険が高いと言われています。
私もつわりがひどく妊娠前に比べ歯磨きが十分にできなく歯茎から血が出てきたり、虫歯が心配になる時期がありました。
妊娠中でも歯周病の治療は可能です。虫歯は予防が可能です。
そのまま放置せず、赤ちゃんのためにお口の中を清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう!

関連する記事

  • いい季節になってきました☆2013年5月22日 いい季節になってきました☆
  • 研修会2011年4月17日 研修会 今日は大阪で研修会に参加してきました。大阪といえばお好み焼き!さっそく研修会のお昼休みに奥さんお勧めのお店に行きました。味のほう […]
  • お口の乾燥について2019年12月5日 お口の乾燥について こんにちは、受付の横山です。 だんだん気温も下がり冬らしくなってきましたね。 当院でもクリスマスソングを流したり受付 […]