花粉症と歯の痛みについて。

あさい歯科クリニック スタッフブログ

花粉症と歯の痛みについて。

 こんにちは。衛生士の小林です。
長い冬の季節がもうじき明け、暖かな春の季節が近づいてきて、楽しみになって来ました。
ですが、花粉症やアレルギー性鼻炎などをお持ちの方には辛い時期となって来ましたね。
鼻水、鼻づまり、頭痛やだるさ‥‥といった症状のほかに、「歯の痛み」の症状が出る事をご存知でしょうか?

これは『上顎洞炎』といって、鼻炎や風邪などにより、鼻の横、頬骨の奥辺りにある、上顎洞という所の粘膜が腫れて膿や鼻水が溜まってしまう為、上の歯の根元の神経を刺激して、歯の痛みとなるのです。

主なお口の症状に、「上の奥の方がズキズキ痛む」「噛んだときに痛む」「目の下の歯の根元の方が痛い」「口臭がする」などがあります。
レントゲンを撮れば鼻の炎症から来るものかどうか判りますので、耳鼻科を受診される事をおすすめしますが、まれに、虫歯や歯周病が原因で、同じような症状が出る事もあります。

今現在耳鼻科にかかっていらっしゃるのに症状が改善しない方は、一度歯科にも受診されてみてはいかがでしょうか?

ご予約お待ち致しております。

関連する記事

  • 春ですね2018年3月31日 春ですね こんにちは。受付の植松です。 暖かい日が続き、桜の花も満開になってきましたね。 先日裾野の方に行ったのですが、残念な […]
  • 秋を満喫☆2012年11月24日 秋を満喫☆
  • 差し歯がとれる2015年4月27日 差し歯がとれる