MENU

歯周病で歯を失わない為に

歯周病の治療例

初期の歯周炎

初診時来院されたときは歯肉からの出血や膿が出ていて「口の中がネバネバする」とお困りでした。
ブラッシング指導と歯石除去により、現在では健康な歯肉になりました。
初期の歯周病治療の主役は患者様です。ブラッシングが上手にできないと治りません。
我々はあくまでサポート役です。


中等度~重度の歯周炎

GTR法による歯周組織再生療法

初診時来院された時患者様は16歳。「下の前歯がグラグラする」とお困りでした。
骨が溶けて今にも歯が抜けそうです。GTR法という歯周組織再生療法を行うことにより骨が再生し、歯のグラグラがおさまりました。
下の歯の周りに骨の再生がみられ、10年間安定した状態を保っています。
現在26歳になられましたが今でも歯周炎の再発はみられません。
このように最近では若い方の歯周炎も増えています。ぜひかかりつけの歯科医院での歯周病検診をおすすめします。


中等度~重度の歯周炎

エムドゲインによる歯周組織再生療法

最近GTR法よりも多く使用されるようになった治療法にエムドゲインがあります。
初診時患者様は「疲れると歯肉が腫れてよくかめない。歯が動く」とお困りでした。
右下の6番目の歯の周りの骨が溶けて黒く見えます。
エムドゲインを使い治療後歯の周りの黒い影がなくなり、歯の動揺もなくなりました。

このように近年では失われた歯周組織の再生が可能になりました。
※ただし治療法の適応でない方もいらっしゃいますのでかかりつけの歯科医院でご相談ください。


お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

PAGETOP