MENU

歯周病で歯を失わない為に

歯ぐきから血が出るのは歯周病のサイン

歯磨きのたびに歯ぐきから血が出る、歯がグラグラしてきた、歯ぐきが痩せてきたなどの症状がある方は、歯周病の疑いがあります。歯周病は実に全体の7割以上の成人がかかっている国民病です。歯周病は歯を失ってしまう原因のワースト1であるだけではなく、最近の研究では全身に様々な悪影響を及ぼしてしまうことが分かってきました。

全身に深刻な影響を及ぼす歯周病菌

歯周病菌は増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。

歯周病の治療方法

STEP1診査・診断(レントゲン撮影)

歯周病の治療方法

歯周病は1本の歯だけではなく、お口の中にある全ての歯を支えている歯周組織を破壊していく病気です。まずレントゲン撮影をし、歯槽骨(歯を支える顎の骨)が現在どの程度失われているか確認します。それから、歯周ポケットを測定し、歯周病の進行程度を全ての歯について調べていきます。

STEP2プラークコントロール

歯周病の治療方法

歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去していきます。歯垢を専用の薬で染め出し、どこに歯垢がついているのか細かくチェックしていきます。さらにその歯垢を専用の器具などを使って効率よく除去していきます。同時にハブラシの指導も行っていきます。

STEP3スケーリング(歯石除去)とルートプレーニング

歯周病の治療方法

歯垢が取り除かれ、お口が清潔に保たれるようになると、腫れていた歯肉は引き締まってきます。この状態でスケーリング(歯石除去)やルートプレーニングを行います。

※ルートプレーニングは深いポケット内の歯石や、その他汚染物質を機械的に除去することを言います。麻酔をしますので、処置後の痛みはほとんどありません。

STEP4メインテナンス

歯周病の治療方法

歯周病の治療終了後、歯周炎の再発を予防するためには、定期的な検診とクリーニングが必須です。PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)各種専用器具を使用した、歯科衛生士による高度なお口のクリーニングで健康な口内環境を保ちましょう。

その他の歯周病の治療方法

歯周外科手術

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。

歯周再生療法

歯周病や、強すぎる噛み合わせの負担で失われた歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)になります。
重症の歯周病が元通りに治るような治療法ではありませんが、少しでも組織を回復したい場合、歯周病による骨吸収の状態によって適応が望ましいことがあります。

歯周病の治療例

初期の歯周炎

初診時来院されたときは歯肉からの出血や膿が出ていて「口の中がネバネバする」とお困りでした。
ブラッシング指導と歯石除去により、現在では健康な歯肉になりました。
初期の歯周病治療の主役は患者様です。ブラッシングが上手にできないと治りません。
我々はあくまでサポート役です。


中等度~重度の歯周炎

GTR法による歯周組織再生療法

初診時来院された時患者様は16歳。「下の前歯がグラグラする」とお困りでした。
骨が溶けて今にも歯が抜けそうです。GTR法という歯周組織再生療法を行うことにより骨が再生し、歯のグラグラがおさまりました。
下の歯の周りに骨の再生がみられ、10年間安定した状態を保っています。
現在26歳になられましたが今でも歯周炎の再発はみられません。
このように最近では若い方の歯周炎も増えています。ぜひかかりつけの歯科医院での歯周病検診をおすすめします。


中等度~重度の歯周炎

エムドゲインによる歯周組織再生療法

最近GTR法よりも多く使用されるようになった治療法にエムドゲインがあります。
初診時患者様は「疲れると歯肉が腫れてよくかめない。歯が動く」とお困りでした。
右下の6番目の歯の周りの骨が溶けて黒く見えます。
エムドゲインを使い治療後歯の周りの黒い影がなくなり、歯の動揺もなくなりました。

このように近年では失われた歯周組織の再生が可能になりました。
※ただし治療法の適応でない方もいらっしゃいますのでかかりつけの歯科医院でご相談ください。


24時間webからいつでも診療予約できます

ページTOPへ

PAGETOP