MENU

あさい歯科クリニックのブログ

子供の矯正について。

 皆様こんにちは。衛生士の小林です。 近年子供の数が減少している中、お子様一人ひとりに費やされる医療費の自治体の負担も、以前に比べたら大きくなってきましたね。 虫歯や歯肉炎といった見て分かる治療は当然受診できますが、歯並びに関しては我が家の経済状態では無理......なんて初めからあきらめてはいませんか? 矯正治療といえば、お口の中に様々な装置ががっちりとついて、保険適応外の高額な自費治療のみとお考えではないでしょうか......。 もちろん、装置を必要とする治療は保険の利かない治療となりますが、お子様の現在の年齢、お悩み、症状などにより、治療方針は千差万別となります。 小学校高学年位になると、ある程度あごの成長がストップするので治療も限られてくるのですが、上下の前歯の永久歯4本が生える小学校入学の頃のお子様でしたらまだ成長段階であるので、がっちりとした装置を入れなくても改善できるケースもあります。 たとえ自費治療になりましても、かかる費用、期間も様々で、安価な場合もあります。 当院では、院長を初め、矯正専門医もおりますので、小児矯正についてご心配されております保護者の方は、まず、相談されてみてはいかがでしょうか? ご予約お待ちしております。

2015年06月23日

奥歯の銀歯をセラミック冠に!

こんにちは、歯科医師の中村です。
保険診療でもCAD/CAM冠という金属を使わないセラミックのかぶせ物が出来るようになりました。
適用範囲は第一小臼歯と第二小臼歯(前から数えて4番目、5番目の歯牙)のみで選択できる色調も限りはありますが、銀歯を白くしたいとお考えの方は、当院スタッフまでお尋ねください。

2015年06月17日

あいうべ体操

事務の本郷です。
ある朝の番組で、子供の歯並びと口呼吸の関係について放送されていました。
普段から口を開けっ放しにしていることは、ばい菌が口の中に入り放題。
口の中も乾燥し、何となく身体に悪いことは誰でも分かります。
しかし、口を開けていることで、舌の位置が下がってしまい、歯並びにまで影響することは意外と知られていないかもしれません。

番組では、ある小学校の取り組みとその効果も紹介されていました。
あいうべ体操を取り入れてから、インフルエンザの発生割合がかなり減ったようです。
小さいお子さんがいるお母さんで、あいうべ体操をご存じない方は、是非一度インターネットを検索してみて下さい。

2015年06月10日

ページTOPへ

ブログアーカイブ
最近の記事
歯のトラブル
予防・ケア
歯周病で歯を失わない為に
審美歯科
さらに美しく歯になる治療
インプラント
義歯・入れ歯
インビザライン
T4K
症例の紹介

お知らせ

ドクターズブログ

携帯サイトはこちらから

カムカムクラブ

TOOTH FAIRYに参加しています

PAGETOP